相続税英訳の必要性は? - 税額控除、これで相続税がダウンできる!

税額控除、これで相続税がダウンできる! > 相続税英訳の必要性は?
税額控除、これで相続税がダウンできる!

相続税英訳の必要性は?

image

日本の相続税制度は、とても厳しいものです。海外の人、海外の資産についても条件が合えば、しっかり相続税かかっていきます。

そのため、相続税英訳は必要不可欠です。英語は、国際的な公用語として認められているので、中国や韓国、フランス、スペイン、中南米、アフリカなどにも正式文書として通用します。もちろん、現実的に相手に相続税の内容を理解してもらうためには、相手が使用する言語で説明しなければなりません。

日本で、このように相続税英訳の需要が増えてきた背景の一つは日本の経済環境です。円高が進み海外で、不動産などの資産が購入しやすくなったことが考えられるのです。一時期海外不動産への闘志がとても流行りました。コンドミニアムという言葉が一般的に使われるようになったころのことです。

預貯金を海外の口座に移すと税金を免れるという事態もありました。また、海外物件なら隠し資産にしやすいといった状況もありました。こういった環境から資産を海外に移す人が増えました。一方で、日本社会そのものの国際化が進んで、国際結婚や日本へ移住する外国人も増えました。

そういった状況を踏まえて、現在は海外資産の申告課税制度も法的に整備が進み、日本の相続税制度は、とても厳しいものになっています。すると、海外の相続税のない国へ移住する人々も増えたのです。ちなみに現在は、日本は世界中の広い範囲の国と租税条約を結んでおり、二重課税や脱税の帽子は非常に進んでいます。

現在の日本の相続税性では、被相続人が日本人で日本に居住していれば、海外資産でも、相続人が外国人でも相続税がかかります。被相続人が外国に居住する外国人であっても相続人が日本人であれば相続税はかかります。被相続人も相続人も海外に居住する外国人でも日本の不動産を相続すれば相続税がかかります。

こういった日本の税制を日本語を知らない人々に、理解してもらうためには相続税英訳ができなければ、相続の事務を進めることができません。しかも、海外物件の名義を変更するに関しても、日本とは違う法的な知識が必要になります。

現在日本で国際的な相続を進めるスキルのある専門家は少数です。気軽に買った海外の別荘が相続の事務手続きのネックになることもあります。相続税の申告期限の10カ月というのは、決して余裕のある期限ではありません。国際的な相続手続きを、迅速に正確に進める能力のある専門家を見つけなければなりません。

top