相続税対策 - 税額控除、これで相続税がダウンできる!

税額控除、これで相続税がダウンできる!

相続税対策

遺産相続するときに相続税を支払うケースがほとんどですが、これを読んでいる皆さんは相続税対策についてどれくらいご存じでしょうか?
そこで今回は相続税対策についてどんなことができるのかお話していきますから参考にしてください。

はじめに相続税対策の基本として「基礎控除」があげられますが、これは控除とは簡単に言えば課税価格の総額から引くことができるお金で、課税価格の対象となるものは大きく分けて3つあります。
ひとつは「相続する財産の中で相続税の対象となるもの」、もうひとつは「相続開始前の3年以内に相続した財産」、最後に「相続時精算課税制度によって贈与された財産」です。

ひとつめの「相続する財産の中で相続税の対象となるもの」はいわゆるプラスの遺産のことを指しており、不動産や動産などが該当します。
逆に借金のようなマイナスの遺産は課税対象にはなりませんので、これは引いて考えます。

次に「相続開始前の3年以内に相続した財産」は文字通り今回相続する前の3年間で相続した財産で、「相続時精算課税制度によって贈与された財産」は条件に当てはまる贈与を受けた場合に対象となります。
計算式は基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数となっていますから、法定相続人が決定すれば数字自体はすぐに出せます。

次に「税額控除」という制度もあって、これは基礎控除とは別に受けられるものです。
たとえば配偶者を対象にした「配偶者控除」は法定相続分または1億6000万円までなら相続税がかからないというものですし、「未成年控除」「障害者控除」といったものは該当する人の負担を減らす役割をします。

このように相続税を申告するときには基礎控除と税額控除のふたつが受けられることが多いので、必ずチェックしておいてください。
もし自分だけではよく分からない…ということであれば税務署に問い合わせたり、税理士を雇って手続きを一緒にやってもらうといいでしょう。

top